外出恐怖・対人恐怖・うつ病治療記

外出恐怖・対人恐怖・うつ病治療の記録、症状の対策や感じたことなど綴ってます

【受診記録】往診(95回目)

   

うつ病、心療内科の往診の記録です。診察内容や話したことなどを書いています。
往診前にロラゼパム0.5mgを服用。

診察

・状態について(問診)
・薬について
・血圧、脈測定
診察時間は30分程度。

状態について(問診)

▼まとめ
・大きく困っていること:特に無し
・軽度の問題点:首の痛み、体重増加
・目標:外出、基礎体力向上、頭脳労働

▼近況など
・体調は頭痛や来客で胃の調子が若干おかしい日もありましたが、基本的には安定。体重が少し減ってるのは2週間ほど前の腹痛&下痢が主な要因。
・ランサーズはライターの仕事を継続中。10日に1本程度のペース。
・医療記事は修正した記事をお送りしましたので、確認をお願いします。

先生からは

来客で緊張するのに対して、なにか薬を追加しましょうか? ⇒ とりあえずは追加なしで。
外出に関して、不安感はどうですか? ⇒ 特には感じないです。

という感じでした。

薬の追加については調子を崩す可能性もあるので回避しました。
先生の考えとして、現状安定しているとはいっても健康だったころには遠い状態で、元の状態に戻るのにうつ病の症状が邪魔をしているのなら他の薬を足して改善したほうが良いとのこと。
それについては私も理解を示しましたが、来客があったのが珍しく、今はコロナの影響で電車に乗るなども避けてます。そうなると緊張したりするケースがほとんどないため、薬を足しても効果を感じられることがなさそうと伝えました。
なので、また電車に乗ったりするのが問題ない社会になって、そのときに必要ならば追加をお願いするという結論に。

改めて、良い先生に診てもらえてると感じました。
現状維持ではなく、元の状態に戻るのを最終目標として診察をしてくれているので。

薬について




リフレックス45mg+スルピリド(ドグマチール)50mgで継続。
リフレックスは1日1回、スルピリドは1日1回。
他、使っている薬を補充。

血圧、脈測定

特に問題なし。

治療方針

ミルタザピン45mg+スルピリド50mgで継続。
外出、運動、頭脳労働を継続。

処方薬

抗うつ薬

ミルタザピン(リフレックス) 45mg
スルピリド(ドグマチール) 50mg

抗不安薬

ロラゼパム(ワイパックス)0.5mg

鎮痛薬

インテバン外用液 1%
ブルフェン 200mg

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
ブログランキングに参加してます。
応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

このブログについて

私は外出恐怖・対人恐怖から2017年4月にうつ病の診断を受けました。
このブログでは治療の記録や症状の対策、生活していくうえでの知恵、考えたこと感じたこと思ったことなどを綴ってます。
同じような問題を抱えた方や関わる方の参考になれば幸いです。

質問募集中

うつ病の治療や薬について、生活の工夫など、私に聞いてみたいことを募集してます。
匿名で送信できますのでお気軽にお送りください。
質問箱

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

 - うつ病治療の記録