外出恐怖・対人恐怖・うつ病治療記

外出恐怖・対人恐怖・うつ病治療の記録、症状の対策や感じたことなど綴ってます

【受診記録】往診(55回目)

   

往診前にロラゼパム0.5mgを服用。(診察は14時ころを予定。)

診察

・状態について(問診)
・薬について
・血圧、脈測定
診察時間は30分程度。

状態について(問診)

▼まとめ
・大きく困っていること:特に無し
・軽度の問題点:首の痛み、体重増加
・目標:外出、基礎体力向上、頭脳労働

▼近況など
・引き続き、体調は安定。一時的に頭重感が強い日が続きました。
・外出継続中。今回も頓服(ロラゼパム)を使ってですが、隣駅から電車に乗りました。
・ランサーズはライターの仕事を継続中。週に1本程度のペース。eBayへの商品登録も継続中。認定ランサーになりました(一定基準を満たしたランサーに対して付くランク)。

先生からは

体調も一時的には崩れたものの比較的安定、外出や電車に乗ったりと動けている、仕事も順調、趣味もある程度楽しめてるようで良傾向。
食事内容がやや少ないのが気になるものの、体重が維持されてるということは十分な量なのでしょう。

という感じでした。

食事内容としては、朝食にカロリーメイト、昼食は自由に、夕食は納豆1パックと自分でも少ないと思います。
とはいえ、これ以上食べれば体重が増加するので、仕方ないかなと。
個人的にはスルピリドが影響している気がするのですが、先生はそれには否定的なので今回は言わず。
いつか、スルピリドの服用を止めたときにわかるからいっかなと思ってます。
食べても痩せるなどは病気の疑いなど説明が付くけど、食べてないのに太るのは説明が付きにくいというお話も受けました。
夢遊病や多重人格で自身の知らないところで食べてるとかと、そんな話も冗談交じりに聞きました。
多重人格の患者さんの話など、少し脱線しましたが、面白い話が聞けました。

先生は直感的というよりは論理型で、理論に基づいて話してくれます。
私も理系なので、話を受け入れやすく相性いいのだと思います。

薬について

リフレックス45mg+スルピリド(ドグマチール)50mgで継続。
他、使っている薬を補充。

血圧、脈測定

特に問題なし。

治療方針

ミルタザピン45mg+スルピリド50mgで継続。
外出、運動、頭脳労働を継続。

処方薬

抗うつ薬

ミルタザピン(リフレックス) 45mg
スルピリド(ドグマチール) 50mg

抗不安薬

ロラゼパム(ワイパックス)0.5mg

鎮痛薬

インテバン外用液 1%
ブルフェン 200mg

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
ブログランキングに参加してます。
応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

このブログについて

私は外出恐怖・対人恐怖から2017年4月にうつ病の診断を受けました。
このブログでは治療の記録や症状の対策、生活していくうえでの知恵、考えたこと感じたこと思ったことなどを綴ってます。
同じような問題を抱えた方や関わる方の参考になれば幸いです。

質問募集中

うつ病の治療や薬について、生活の工夫など、私に聞いてみたいことを募集してます。
匿名で送信できますのでお気軽にお送りください。
質問箱

うつ病関連リンク

 - うつ病治療の記録