外出恐怖・対人恐怖・うつ病治療記

外出恐怖・対人恐怖・うつ病治療の記録、症状の対策や感じたことなど綴ってます

【受診記録】往診(44回目)

   

昼食後にガスター10、往診前にロラゼパム0.5mgを服用。(診察は14時ころを予定。)

診察

・状態について(問診)
・薬について
・血圧、脈測定
診察時間は30分程度。

状態について(問診)

▼まとめ
・大きく困っていること:特に無し
・軽度の問題点:倦怠感、首の痛み、体重増加
・目標:外出、基礎体力向上、頭脳労働

▼近況など
・引き続き、体調は安定。
・外出、ステッパー継続中。
・ランサーズで新規の仕事を受注。以前受注した仕事も継続で受けている。新規の仕事が結構大変で、他案件への応募はしていない。
・障害年金について、母に年金相談センターへ相談しに行ってもらう。診断書の書類をもらったので、作成お願いします。

先生からは

仕事に関して、無理のない範囲でやれているようで良い。1日どのくらい仕事をしている?⇒1~2時間程度と回答。
障害年金の診断書は作成に1万円、期間は2~4週間程度かかる。
収入がない状態なので、自立支援医療の上限額の変更が可能かもしれない。(今1万円、2500円になるかも)
外出に関して、ロラゼパムを服用して少し距離を延ばしてみてもよいのでは?
だいぶ安定しているので、何かお薬を減らしてみますか?⇒半夏厚朴湯を減薬していく方向に。

という感じでした。

減薬を先生から提案されるとは思ってなかったのでビックリでした。
減らしても良さそうに見えるのはとても嬉しいです。
まずは影響が少なそうな漢方から減らしていってみます。

薬について

リフレックス45mg+スルピリド(ドグマチール)50mgで継続。
他、使っている薬を補充。
半夏厚朴湯を1日1包にするなど減薬していく。

血圧、脈測定

特に問題なし。

治療方針

ミルタザピン45mg+スルピリド50mgで継続。
外出、運動、頭脳労働を継続。

処方薬

抗うつ薬

ミルタザピン(リフレックス) 45mg
スルピリド(ドグマチール) 50mg

抗不安薬

ロラゼパム(ワイパックス)0.5mg

鎮痛薬

チザニジン(テルネリン)1mg
インテバン外用液 1%
ブルフェン 200mg

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
ブログランキングに参加してます。
応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

このブログについて

私は外出恐怖・対人恐怖から2017年4月にうつ病の診断を受けました。
このブログでは治療の記録や症状の対策、生活していくうえでの知恵、考えたこと感じたこと思ったことなどを綴ってます。
同じような問題を抱えた方や関わる方の参考になれば幸いです。

質問募集中

うつ病の治療や薬について、生活の工夫など、私に聞いてみたいことを募集してます。
匿名で送信できますのでお気軽にお送りください。
質問箱

うつ病関連リンク

 - うつ病治療の記録