外出恐怖・対人恐怖・うつ病治療記

外出恐怖・対人恐怖・うつ病治療の記録、症状の対策や感じたことなど綴ってます

【受診記録】往診(50回目)

   

昼食後にガスター10、往診前にロラゼパム0.5mgを服用。(診察は14時ころを予定。)

診察

・状態について(問診)
・薬について
・血圧、脈測定
診察時間は30分程度。

状態について(問診)

▼まとめ
・大きく困っていること:特に無し
・軽度の問題点:倦怠感、首の痛み、体重増加
・目標:外出、基礎体力向上、頭脳労働

▼近況など
・引き続き、体調は安定。
・外出継続中。隣駅まで行けました。
・ランサーズはライターの仕事を継続中。4~5日に1本程度のペース。eBayへの商品登録は週に1回で継続中。ライターの仕事のペースを落とし、新規でもう少し単価の高い仕事を探そうと思っています。
・webライターに関する本を1冊読了。
・母に自立支援医療の手続きをしに行ってもらいました。

先生からは

いきなり日付を聞かれ、テストされる。>ちゃんとは答えられず。
隣駅まで行けたのはとても良い。次は電車ですね。
仕事に関しては過度なペースにならずにやれてるようなので、こちらとしても安心(自分が可能な量よりも多く仕事を請けてしまう人もいるので)。
母親が来るときもロラゼパムを服用しているけど必要?>大丈夫な気もするけど念のため服用している。

という感じでした。

日付テストはいきなり聞かれて少し焦りました。詳細な日付なんて意識して生活してないので。
母が来るときのロラゼパムを服用していることについては微妙な反応をしてましたが、とはいえ、そこそこ遠くから時間をかけて来てくれてるのに、調子崩したら申し訳ないですから。服用することで安定するなら私は服用します。

それにしても診察、もう50回目なのですね。
2年近く診てもらってます。
最初から良い先生に診てもらえて良かったです。訪問診療なので選択の余地はほぼなかったので、そういう点でも本当に良かったです。

薬について

リフレックス45mg+スルピリド(ドグマチール)50mgで継続。
他、使っている薬を補充。

血圧、脈測定

特に問題なし。

治療方針

ミルタザピン45mg+スルピリド50mgで継続。
外出、運動、頭脳労働を継続。

処方薬

抗うつ薬

ミルタザピン(リフレックス) 45mg
スルピリド(ドグマチール) 50mg

抗不安薬

ロラゼパム(ワイパックス)0.5mg

鎮痛薬

インテバン外用液 1%
ブルフェン 200mg

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
ブログランキングに参加してます。
応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

このブログについて

私は外出恐怖・対人恐怖から2017年4月にうつ病の診断を受けました。
このブログでは治療の記録や症状の対策、生活していくうえでの知恵、考えたこと感じたこと思ったことなどを綴ってます。
同じような問題を抱えた方や関わる方の参考になれば幸いです。

質問募集中

うつ病の治療や薬について、生活の工夫など、私に聞いてみたいことを募集してます。
匿名で送信できますのでお気軽にお送りください。
質問箱

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

 - うつ病治療の記録